日別アーカイブ: 2014年6月22日

いちいち

うちのお店にも、子供さんを連れたお客様はよくいらっしゃいますが・・・ホント、子育てってたいへんですよね。子供を授かっておいて贅沢なのだけど、何が大変って、ん・・・例えば、我が子が大事って思わなかったら楽なんかなぁ・・。大事だから心配だし、愛おしいし、なるべく辛い思いはさせたくないとか思ってしまうんです。
かわいいから大事だからこそ、外へ放り出していろんな思いをさせなければならないのだけど。
それが、子供は自分の世界をどんどん広げて、いろんな人と出会い、大きく成長していく。うちの子も、いつも放ったらかしだから、周りの人たちに助けられて成長している。そしていつの間にか、親のほうが助けられている。親はいなくても子は育つって、本当にその通りだなって思う。
子供が壁を乗り越えたとき、私はいちいち泣く。時には号泣する。何故なら、子供たちは大きな壁をひょいっといとも簡単に乗り越えるからです。その頼もしさと、私に“いつもありがとう”と言ってくれる優しさに泣けるのです。親ってバカだなぁ・・・。
辛い目に遭わせたくないなんて、ダメな親の考えだ。どんどん辛い目をさせて、強い心を育ててあげなきゃ。でももし、子供らがくじけたときは、私は一番の応援団になるで!こんなに素敵な人に支えてもらっておいて、乗り越えられない壁などないのだと思う。

・・・と書きながら、またいちいち泣いている゛(;;)